新型iPhoneが発表されました!

10/14未明、新型iPhone「iPhone12」シリーズが発表されました。


(AppleのHPより)

今年はコロナ禍の影響で例年よりも1ヶ月ほど遅れての発表となりました。

今回発表されたのは3種類。全体の特徴としては以下のとおり。

★「5G」に対応

★有機ELディスプレイを搭載

★デザインが一新され「iPhone 5」を彷彿とさせる、薄型で少し角ばった形状に

★マグネットでくっついて充電する「MagSafe」に対応

★11シリーズよりも4倍丈夫なディスプレイを搭載

11%も薄くなりました(AppleのHPより)

また、カラーバリエーションも増えて選ぶのが楽しくなりそうです。

ただ環境面に配慮し、今回から充電器とヘッドフォンが付属せずにケーブルのみとなりまし

た。充電器(コンセントに挿す部分)は以前のものか別途用意する必要があります。

iPhone 12

昨年の「iPhone 11」の後継機です。11との違いは全体的に性能がアップしているのはもちろん、有機ELディスプレイを搭載し(11は液晶ディスプレイ)、カメラのレンズもより暗いところでの綺麗な撮影が可能に。画面サイズは11と同じですが、大きさは小さく、軽くなっています。

色は5色。価格は85,800円(税抜き)より。


(AppleのHPより)

暗い場所での撮影がよりきれいに(AppleのHPより)

iPhone 12 mini

日本人待望の小さなモデルの登場です。

2016年に発売された「iPhone SE」以来、最も小さいサイズは「iPhone 8」の4.7インチ、幅67.3 mm、高さ 138.4 mmでしたが、ディスプレイのサイズは5.4インチと大きくなりつつ、幅64.2 mm、高さ131.5 mmと抑えてきました。性能については全く通常のiPhone 12と同じです。

価格は74,800円(税抜き)よりと比較的お求めやすくなっています。


左がiPhone 12 右がiPhone mini(AppleのHPより)

iPhone 12 Pro/Pro Max


(AppleのHPより)

こちらは正に「Pro」の名にふさわしいモデルとなっています。

基本性能は他と変わりませんが、特筆すべきは「カメラ」です。

昨年発売された「iPhone 11Pro」と同じくカメラレンズは3つ。広角の他にズームレンズも搭載しています。

赤外線照射で距離を測ってピントを合わせたり、通常のiPhone 12よりも更に暗いところでの撮影を可能にしたり、手振れ補正が強化されています。

一眼カメラの特権だった「RAW現像」も可能になりました。

動画は4Kで更になめらかな撮影を可能にしています。映画の撮影にも使用できる、正に「Proクオリティ」です。

価格もPro級!「iPhone 12Pro」が106,800円(税抜き)から、「iPhone 12Pro Max 」が117,800円からとなっています。


暗い場所での再現力がよくなりました(AppleのHPより)

iPhone 12は10月16日から、iPhone 12 miniとiPhone Proは11月6日から予約開始です。

最新型が高すぎる!という方にはiPhone 11やiPhone XRが値下げになっています。

また、iPhone SEも引き続きお買い得感があります。

どれにしようか迷っていたら教室までご相談ください。

合わせてこの機会に料金の見直しなどもすることをおすすめします。

​最近の記事

© 2015  Digital & Community Salon Mnet All Rights Reserved.

TEL 0289-63-4056   

栃木県鹿沼市西茂呂1-26-6緑台Mビル2FB