「デビッドカード」は現金派にもおすすめ!

昨年よりキャッシュレス決済が話題となり、いろいろな「ペイ」が出てきています。

それよりも昔からキャッシュレスの代名詞といえばクレジットカードですが、「借金は嫌い」「使いすぎが怖い」「失くしたら大変」などの理由でお使いにならない方も多いです。


「デビットカード」は使ったらすぐに銀行の口座から引き落とされるので上記の懸念がないのですが、これまでのいわゆる「J-Debit」は銀行のキャッシュカードがそのまま使える反面、使えるお店が限られていて使い勝手がよくありませんでした。


今回ご紹介するのは銀行系のVISA、JCBのデビットカードです。



何が違うのかというと、これまでのデビットカードと同様、使ったらすぐに口座から引かれるのは同じですが、VISAブランド、JCBブランドがついていますので、クレジットカードと同様に利用できるのです。ただし、クレジット機能はなく、あくまでも銀行口座に入金されている範囲内でしか利用できませんので、使いすぎの心配もありませんし、口座にお金がなければ万が一失くして不正利用されても使うことができません。


店頭で利用するときはVISA、JCBの使えるお店で「カードで」と言えばOK。セルフレジなどでも通常のクレジットカード決済を選べますし、ネット通販でもデビットカードの番号を入力すればカードでの支払いとなります。


年会費が1,000円ほどかかりますが、利用状況によって無料になる場合もあります。


栃木銀行では「とちぎんJCBデビットカード」を発行していますので、口座をお持ちの方が申し込みできます。



また、使いすぎや失くしたときを心配される方は新たに銀行で専用の口座を作って利用するのもお勧めです。最近はネット銀行やメガバンクのインターネット支店で口座が作れますのでそちらを利用するのもいいと思います。ちなみにゆうちょ銀行は年会費無料だそうです。


ちなみに僕はみずほ銀行で口座を作り、「みずほJCBデビットカード」を利用しています。

さらに、デビットカードをiPhoneのApple Payに登録し、スマホ決済に使っています。



クレジットカードやスマホでのQRコード決済に抵抗のある方にお勧めです。

© 2015  Digital & Community Salon Mnet All Rights Reserved.

TEL 0289-63-4056   

栃木県鹿沼市西茂呂1-26-6緑台Mビル2FB