tfe_naiyou.png

ビジュアルプログラミングを通して、プログラミングの構造を学び、自分の発想を形に変えていく。お絵かきや粘土遊びと同じように、プログラミングは想像力をフル活用し楽しみながら学べます。試行錯誤し作り出す過程が子どもたちの知識と経験、自信を育みます。

現代はIT技術の発達により次々に移り変わる状況に柔軟に対応しながら、自ら問題を設定して考え、判断し、答えを見出していく能力が求められています。プログラミングを通して「物事を整理すること」を体験し、問題解決能力を育てます。